「健街道」ブログ (神奈川健生)

qkaidou.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:トピックス( 7 )

鎌倉街道中道7回目の中止(順延)のお知らせ

「健街道」ご参加の皆様いつもご参加頂き感謝申し上げます。

10月26日(金)に開催を予定していました、鎌倉街道中道7回目は台風27号の接近により実施が困難になった為 「中止」 に致します。
尚、代替開催は11月23日(土)となります。その為以降の開催は1ヵ月づつずれ込みますので、ご注意をお願い致します。
ご参加に変更が在る方は下記宛てに連絡をお願い致します。
 
  
e-mail : kenkaidou_tomioka@yahoo.co.jp
電話/FAX : 045-904-0230
    携帯  : 090-9300-3562

「健街道」富岡 秀二

[PR]
by kenkaido | 2013-10-25 09:08 | トピックス

12/22(土)オプションウォーク中止の連絡

「健街道」ご参加の皆様

今年度最後の「健街道」ウォークに予定をして居りましたオプション(北鎌倉駅~片瀬江ノ島)は天候の不順により 「中止」 致します。

尚、当オプション企画の延期再実施は行いません。
2012年12月21日
[PR]
by kenkaido | 2012-12-21 12:44 | トピックス

「夢よ再び 団塊世代の新人歌手」~「健街道」世話役 富岡 秀二氏(第4回)

a0215849_2223562.jpg

[PR]
by kenkaido | 2011-10-01 22:52 | トピックス

「今日の笑顔を明日につなぐ!」~「健街道」世話役 上田隆一郎氏(第3回)

a0215849_7381821.jpg

[PR]
by kenkaido | 2011-09-05 07:39 | トピックス

「妻の一言が起点に」~「健街道」世話役 戸松隆志氏(第2回)

a0215849_2221431.jpg

[PR]
by kenkaido | 2011-08-24 22:22 | トピックス

「私の定年後の生き方」~「健街道」世話役 川合脩司氏(第1回)

第3回健街道実施までに一カ月以上間が空きますので、この間、「健街道」世話役の方々を順次ご紹介してまいります。第1回は、健康生きがいづくりアドバイザーとして大先輩であり、アドバイザー養成講座やその他種々の講師活動で活躍されている川合脩司氏(横浜北地区ネット)の自己紹介文を掲載いたします。タイトルは、「私の定年後の生き方」です。
a0215849_2131851.jpg

[PR]
by kenkaido | 2011-08-09 21:36 | トピックス

鎌倉街道の歴史とロマン(1)

神奈川の旧街道を歩く会(健街道)の実施に合わせ、「鎌倉街道の歴史とロマン」に関する情報をこれから数回に渡って掲載して参ります。
情報収集は、昨年度まで「東海道観歩会」を主宰されてました植田義明氏によるものです。
健街道実施前は事前情報として、また実施後は歩いた処を振り返る際の情報としてご利用頂けましたら幸いに存じます。その利用の全体スキームは下図に示すとおりです。また、提供情報は、地図上の白抜き文字です。
a0215849_10115725.jpg


                                           (植田義明氏作成)

鎌倉街道 歴史とロマン情報収集(その1) :「鎌倉街道とは何か」

                                  
 鎌倉街道についての関連書を見てみると共通してだいたい次のような説明になるようです。
 中世において鎌倉から関東諸国をとおり信濃や越後、そして陸奥などの地方を結ぶ交通路で、いわゆる鎌倉幕府の御家人が「いざ、鎌倉」と馳せ参じた道であり、 鎌倉時代から戦国時代までの関東武士の栄枯衰退の歴史を物語る道である。しかし実態としては詳細な道筋や姿はあきらかでなく「幻の道」と呼ばれている。
 とまあこんな具合である。

 鎌倉街道とはいっても一つの道ではなく、広い関東地方だけでも現在までの研究等でわかっていることは 主要幹線としての三本の道「上道」「中道」「下道」と呼ばれている道が存在したということです。上道、中道、下道という呼び名の由来は、ハッキリしたことは解っていないようですが、古代の都のある奈良盆地に、これと同じ呼び名の道が存在するそうで、そこから名ぞらえて来ているとも言われています。

 それから鎌倉街道というこの道の呼び名ですが、 これも関係書等で共通して説明していることは、江戸時代の文政年間に編さんされた『新編武蔵風土記稿』に「鎌倉街道跡残れり」とか「鎌倉古道と唱る所あり」などと書かれていて、 どうやらこの頃からそう呼ばれるようになったようです。それは又江戸時代には江戸を中心とした五街道が整備され鎌倉街道はすでに主要幹線路ではなくなり古道化していたと言えましょう。

 それでは鎌倉街道が主要道として機能していた鎌倉時代や室町時代の中世にはこの道は何と呼ばれていたのか。鎌倉時代の史書『吾妻鏡』には 「奥大道」「下道」というのがでているそうです。又南北朝の『太平記』には「上道」「下道」、『梅松論』では「武蔵路」「下道」、などと書かれているそうです。 しかしこれらの史書の呼び名はそれぞれ共通の道筋を指していないようで例えば『吾妻鏡』の「下道」はその道筋から後の「上道」と考えられています。 そしてこの「上道」「中道」「下道」のような呼び名は鎌倉とその周辺部あたりにかぎられて呼ばれていたようで、それ以遠は『吾妻鏡』の「奥大道」のような 呼び方が使われていたのではないかと考えられているそうです。又「大道」という呼び方は、 古くは「日本書紀」にも見られるそうでこれはつまり鎌倉街道のさらに古い元の道は古代からの主要道と繋がりがあると言えるのではないでしょうか。

                          (より詳しく知りたい方は、こちらから)    
[PR]
by kenkaido | 2011-06-22 10:10 | トピックス